生理痛

生理痛の原因の1つに骨盤の歪みがあげられます。子宮と卵巣は骨盤の底付近に位置し靭帯と呼ばれるゴム紐のようなもので繋がり安定させています。

骨盤に歪みが出てしまうと子宮や卵巣は靭帯に引っ張られて安定性がなくなり結果的にねじれてしまいます。

ねじれてしまった子宮では血液の送り出しがスムーズにできなくなり、痛みを伴う症状になると思われます。

和光カイロプラクティックセンターでは骨盤の歪みを手技による優しく負担のかからないよう施術し、

特殊なウォーターベッドを使用し、水の圧力を利用して骨盤を正しい位置に改善させていきます。

 

≪女性の腰痛について≫
まず第一に、男女の性差が挙げられます 例えるならば、男性の骨盤は「縦拡がり型」、女性の骨盤は「横拡がり型」です これは女性が妊娠出産に適応するよう構造的に設計されていることに関係しています また毎月の月経がありホルモンバランスの乱れから筋骨格系に影響してしまいます
女性の骨盤は妊娠時赤ちゃんが成長するために必要なスペース確保の為、骨盤が「横拡がり型」になっているため、日常生活でぶつけやすく知らず知らずに骨盤を歪ませてしまうことが多いようです
また出産時の産道確保のため骨盤が簡単にゆるむように骨盤の関節の接合面が男性よりも小さくなっています その分歪みが生じやすくなってしまいます 
こうしてみると、不安要素ばかりに感じてしまいますが、腰痛はあって当たり前ではありません
しっかりと骨盤・背骨への優しく痛くない矯正を施していき、日常生活での座り方、歩き方などを指導させていただきます
≪日常生活における骨盤の歪む原因≫
 ・座るときは、いつも同じ足を上にして足組み座りをしてしまう
 ・横座り、ぺしゃんこ座り、あぐらなどの座り方が多い その方が落ち着く
 ・いつも片方の歯でばかり噛んでしまう 
 ・ヒールの高い靴を履くことが多い       etc.・・・・
≪日常生活で出来る改善策≫
骨盤の歪みがあることで骨盤内に納まっている子宮や卵巣がねじれてしまいます 骨盤矯正を施し正しい位置に整えてからのほうが効果は高まりますが、1番効果的なのは歩く事です 歩行不足が骨盤を歪ませてしまうのです 歩く事で骨盤の歪みを修復し身体の中心(土台)としての安定・バランスをとります また、歩く事で恥骨の動きが改善され子宮の働きが正常になっていくといわれています
いきなり長距離の歩行は逆に身体を痛めてしまうかもしれませんので、少しずつ距離や時間を延ばしご自分の無理のないペースで歩いてみてください 歩き方や歩行時間などの詳しいことはこちらでご指導させて頂きます
▲このページのトップに戻る